演劇「海の夫人」

海の夫人

新国立劇場・小劇場での小さな空間でしたが、不思議な事に物語が進むにつれて、ステージの周りに大きな海が広がっているように感じました。
麻実れいさんは、品があって美しく、自由を求めて自ら決断する事を選んだ主人公エリーダを見事に演じられていました。
その夫、ヴァンゲル役には村田雄浩さん。暖かみのある包容力のある役柄がぴったりでした。
他の出演者の方々も、それぞれ皆さん魅力的でした。
重くて暗い雰囲気の物語と思いきや、面白いセリフやコミカルな動きもたくさんあって、笑いあり、最後には涙もある素敵な舞台でした。

終演後、出てきたターコさんが、私達を見るなり「おてまみ、おてまみ。」と。舞台を観る前に書いたので、感想は書けませんでしたが、オーナー役でSHOCKに出てほしいと私の希望を書いたおてまみ(笑)を手渡すことが出来ました。もし実現したら嬉しいな。(^-^)
オフのターコさんは、舞台とはまた違った魅力で、颯爽としていてカッコ良かったです。

観劇前に初台でランチ
椿屋珈琲店:★★★☆☆


トマトカレー (サラダ‐ドリンク付き)1230円


お友達が食べた 季節のスパゲッティー 釜揚げしらすとしんじゃがのクリーム明太子 こちらもサラダ‐ドリンク付きで1230円

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰しております。
『海の夫人』ご覧になったのですね。 私は明後日観劇予定です。 村田雄浩さんの対談で、「こんなに台詞が入らなかったのは初めて・・」と仰っていましたが、揺れ動くエリーダの心を見事に体現されているようで、とても楽しみです。
終演後のターコさんとのやりとりを拝見して、皆さんとターコさんの深〜〜い絆に、私の方が感動してしまいました。
ランチのお店も落ち着いた雰囲気と、ロイヤル・コペンハーゲンの器が素敵ですね。

Reマイエルリンクさんへ

ご無沙汰しています。「海の夫人」いかがでしたか?ターコさんの白のシンプルな衣装も素敵でしたよね。マイエルリンクさんの感想も、また是非、聞かせて下さいね。今年のお茶会は10月下旬から11月を予定しているみたいです。9月の舞台、そして12月のリサイタルと楽しみがいっぱいですね(^-^)
いつも、コメントありがとうございます。とても励みになります。

No title

まみたろう様

『海の夫人』 セットも衣装もとても素敵でしたね。
時代や環境が違っても、どこか自分にリンクして考えることのできる作品だと思いました。  
感想、的確な表現が見つかりませんが、ターコさんの演じるエリーダは、私がイメージしていたよりも心の奥に強さを秘めた女性で、それを作り出しているのが海なのか・・・と。  自分の人生の中のいくつかの選択と重ね合わせながら、揺れ動くエリーダの心を感じ取れる作品だったと思います。
ラストのターコさんの微笑みと、頬をつたう涙が忘れられないです。

終演後、急いで帰宅する予定でしたが、楽屋口がすぐ隣だったので、何となくその場を離れられなくて、10年振り位ですが出待ちを・・。
ずっと応援していらっしゃるファンの方々の後ろからでしたが、それが今の私にはベストな距離感で、(^^ゞ 
颯爽としていて、でも、ふんわりと柔らかくて、でも、素晴らしく恰好良くて、でも、すごくナチュラルで、そして、ゴージャスで美しくて。
幸せ気分一杯で帰宅の途につきました。
今もその余韻に浸っている感じ・・・

9月は、梅芸のアフタートークの日に観劇予定です。

また、お茶会のお話などもお聞かせくださいませ。

12月のリサイタルには、昔の友人と遠征しようと楽しみにしております。♡


                             マイエルリンク




    



早速、ありがとうございます(^-^)

素敵な感想、ありがとうございます。出待ちもされたのですね(^-^)
私の場合、ターコさんの舞台を観た時、出待ちで素のターコさんに触れて、その日が完結みたいになってます。舞台では、雲の上の人なのに、オフのターコさんは、燐としてカッコいい中にも、可愛らしくほんわかしていて親しみやすく、その雰囲気に包まれたまま幸せな気持ちで家路につけるからです。
私が出待ちした日も、駐車場から出る時、駐車券が自分で入れられずに、運転席の窓から駐車券を持った手をヒラヒラさせて助けを求めてました。あわてて代表の方が車に走って行って、ターコさんに代わって駐車券を入れてあげて無事に駐車場から出ることが出来ました。その際、ターコさんは「みんながいたから(失敗したの)よ。」とおっしゃったそうな。(笑)そんな可愛いところも大好きです。
これからも、ずっと応援したいと思っています。

No title

まみたろう様
地震、大丈夫でしたか? 御身内の方々にも影響はなかったでしょうか? 我が家も娘が千葉県に住んでおりますので、直ぐに連絡をとりましたところ、“船に乗ってるみたいだった。怖かった!” と言っておりました。 ターコさんも、夜の部の途中だったと思うので、出演者皆さんデッキの上に上がったりしていてお怪我がなければと心配しています。 山の手線なども止まったりしているようですね。 まみたろう様、ターコさん、皆さんに影響がないことを
祈っています。

駐車場でのエピソード、本当に微笑ましいですね。 楽屋口の奥から出ていらっしゃる姿も、髪をかきあげながらファンとも気さくに話をしてくださっている姿も、存在そのものが紛れもなく選ばれた方なのに、 気取った素振りもなく、あくまで自然体のターコさん。 10年前楽屋口待ちした時も、そのナチュラルな美しさに目を奪われましたが、 無理をせず、素敵に歳を重ねていらっしゃるところも魅力ですね。 舞台でも、プライベートでも、実際には血の滲むような努力をされていると思うのに・・ 凄い方ですね。♡

Reマイエルリンクさんへ

おはようございます(^-^)
昨日の地震は、とても怖かったです。でも、幸い私の知る限りでは大きな被害はなかったようなので、ホッとしています。ご心配くださり、ありがとうございます。お嬢様も無事で良かったです。

ターコさんは本当に素敵ですよね。ご自身が持っている内面から滲み出る品の良さが感じられるのも好きなところのひとつです。
宝塚在団中、そして退団されてからも今日まで、常に活躍されているのは、並大抵の努力だけではなし得ない事だと思います。
本当に凄い人のファンであることを誇りに思います。こうして、マイエルリンクさんとターコさんの事を語れるのも嬉しいです。
これからも、よろしくお願いしますm(_ _)m

No title

まみたろう様

今日は、ターコさん、大阪のABCラジオに生出演されたようですね。
梅芸のtwitterには、 “素敵な情報が飛び出しています。” とありますが、何の情報でしょうね〜〜 リサイタルの事でしょうか?
ABCラジオのサイトに音声がアップされるかしらと期待していますが・・

『海の夫人』。土曜日が最後ですね。 梅雨空の関西のお客様をノルウェーのフィヨルドの夏に誘って下さるでしょう。 体調に気をつけて頑張って頂きたいですね。

マイエルリンク

まみたろう様
度々お邪魔して申し訳ありません。

ご存知かと思いますが
週刊文春の6月18日号
『新 家の履歴書』 ターコさん載っていますね。
大筋は、今迄にも何度か聞いたお話ですが、少女時代を過ごされたご実家の間取り図があったり、 30年間も離れていた私にとって、ターコさんという1人の女性の人生が、本当にほんの少しだけ透けて見えたような気がしました。
私にとっては永遠に雲の上の方ですが、 現実を生きてきた方なのだ。 と、当たり前過ぎる事ですが、じ〜〜〜んときてしまいました。

マイエルリンク

マイエルリンクさまへ

コメントいただいていたのに、ずっと気がつかなくてすみませんでしたm(_ _)m
ターコさんが少女時代を過ごされた神田明神付近も、すっかり様変わりしてしまいましたね。
少女時代のターコさんは、エキゾチックな美少女で、生まれた時からスターになるべき人だったんだなぁと思いました。
12月のリサイタル、今から楽しみですね\(^-^)/
その前に「夜への長い旅路」も舞台はもちろんのこと、舞台写真のプレゼントも嬉しいですね。
雑誌の情報、知らなかったので教えていただいて嬉しいです。まだ本屋さんにあるかな?早速、チェックしに行こうと思います。ありがとうございました。
Web拍手
よろしかったらお願いします♪

里親募集中
猫ちゃんやワンちゃんの里親を募集しているサイトです。よかったらのぞいてみて下さいね♪

いつでも里親募集中
BLOG LIST
ご訪問ありがとうございます♪
ようこそ♪
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
今日のランチ

【おすすめ度】
★★★★★・・・お気に入りのお店。何回でも行きたいお店
★★★★☆・・・かなり満足。あと何回か行きたいお店
★★★☆☆・・・もう一度行きたいお店
★★☆☆☆・・・誘われたら行くお店
★☆☆☆☆・・・1回行けばいいお店

カテゴリー
GRコード
QR
RSSフィード