舞台「THE CIRCUS!」

THE CIRCUS!

光ちゃん友に、チケットあるよと誘っていただき行って来ました。
ヤラッちとコッシーが出演するという予備知識しかなかったけど、出演者一人一人が個性豊かで、見せ場もあって、ダンスも見応えがあって楽しい舞台でした。
中でもスワン役の植原さんが気になって目で追ってしまいました。マニメで言うカッコいい敵役みたいな。うん、ガンダムのシャアみたいな感じ?(古ッ💦)
欲を言えば、コッシーがもっと出番が多ければ嬉しかったです。
それと、サーカスの幻の演目?レインボー何とかが最後に観られると思ったけど、それがなくて残念でした。
でも、ヤラッちのダンスは、キレの中に色気もあって流石だなぁと思ったし、コッシーのダンスもセンスが良くて好きです。
ストーリーもわかりやすく、皆さんがダンスも歌も凄いし面白いステージだと思うけど、また観たい❗とかドキドキやわくわく感は、やっぱりなかったかな。気楽に楽しめる分、光ちゃんロスで、ちょっぴり寂しい気持ちにもなってしまいました。

舞台「鉈切り丸」

森田剛さん主演の舞台「鉈切り丸」を観て来ました。

131117N1.jpg   131117N2.jpg

想像していたより、たくさん、コミカルな場面やセリフがあって、ホッとしました。
でも、やはり後半は、内容も重苦しさが増して、そのせいか、前半の軽快さが薄れ、テンポもゆっくりと進んで行くように感じられました。だけど、全体的には、良く出来た面白い舞台でした。(なんか、えらそうに上から目線で、すみません。m(__)m)

そして、森田剛さんは素敵な役者さんだと思いました。役は、華もなく、人を引き付ける魅力もない人物の設定ですが、その、迫力と存在感は凄かったです。でも、さらに、その存在の大きさを感じさせてくれたのが、ターコさんこと、麻実れいさんでした。怖い生霊の役なのですが、立ち振る舞いが気品があって美しかったです。1幕最後の羽を広げる豪華な衣装も、見事なまでに着こなしていました。出番は少なかったけど、要所、要所をしめる重要な役でした。
他にも、若村麻由美さんは、貫禄もあって美しく、生瀬勝久さんには、たくさん笑わせていただきました。

でもって、殺陣の場面も、たくさんあったのですが、やっぱり、あのスピードと舞うような美しい殺陣は、うちの王子が一番だなぁ。と思いました。(^.^)

何年かぶりに、お手紙を書いて、楽屋出の時に、ターコさんに手渡しをしたのですが、すっぴんにパンツ姿のターコさん、凄くカッコ良かったです

舞台「Some Girl (s)」

三宅健さん主演の舞台「Some Girl(s)」を観てきました。
131027_120338.jpg  131027_120412.jpg

トニセンの3人の舞台は、それぞれ、何回か観た事があるのですが、カミセンの舞台は今日が初体験でした。(岡田さんの映画は観に行った事があるけど。)
童顔の三宅さんも、いつの間にか、30代の大人の男性になっていたんですね。(しみじみ)
物語は、結婚する事になって、その前に、過去に付き合った女性に会いに行って過去の精算?をするというものでした。多くの女性と付き合っては、勝手に自分からふって別れてしまうという、なんとも身勝手な男性なのですが、みんな、そんな彼にいらだちを感じ、腹立たしくも思うのだけど、心の奥では、嫌いになりきれないという感じのお話でした。そんな、女性の敵のような男性なんだけど、どこか憎めないという主人公を、三宅さんは熱演されていました。
物語の中で、キスシーンやベットシーンもどきがあるのですが、そこで、三宅さんが下着1枚になるシーンがありました。甘いマスクなのに、上半身がすごく鍛えられていて、まさに細マッチョ。ちょっと、私は苦手だったりしますが・・・。^^;
後、演出で辛かったのが、昔の彼女の1人が、煙草を吸うシーンが多くて、客席まで、その匂いが届いてしまった事です。煙草が苦手な私は、咳き込んじゃいましたリアル感を出したいのだと思うけど、ちょっと迷惑な演出だと思いました。それが残念。

Jフレメンバーの三宅さんの活躍する姿を観て、感慨深いものがありました。来月は、森田剛さんの舞台を観劇予定です。森田さんの舞台、とても興味があったので、今から楽しみです。
みんな、それぞれ、いろんな場所で頑張っているんですね。社会人だったら、自分のやりたい事、好きな仕事だけやるのは難しいと思います。まして、会社(あるいは事務所)に所属していれば、自分の考えだけで行動出来る人は、まず、いないんじゃないかな?そして、タレントの場合、ファンの要望というものもありますが、それだって、いろんな考えの人がいるわけで。あちらを立てれば、こちらが立たず、こちらを立てれば、あちらが立たず。・・・難しいですね。
とりあえず、私は、何があってもコウイチについて行こうと思います。だって、それしか考えられないもん
で、今日、あらためて思ったのですが、光ちゃんって、本当に私の理想に限りなく近いんですよね
顔も、声も、あのしなやかで均整のとれた体型(そう、引き締まっているけどマッチョじゃないみたいな。)も、サラサラヘアーも、仕事に対する姿勢も。これで、煙草をやめてくれたら文句ないんだけどなぁ。でも、煙草が光ちゃんのストレス解消なら、無理にやめたら、逆に体調悪くなっちゃったら困るかも。とにかく健康で、いつまでも素敵な光ちゃんでいてほしいだけです。(*^_^*)

舞台「しゃばけ」

赤坂ACTシアターで「しゃばけ」を観て来ました。

130428_133854.jpg 130428_133252.jpg

たくさん笑ったけど、ほろりとさせる場面もあったり、何より、生きる事の大切さや喜びをしっかり伝えてくれた、とても素晴らしい舞台でした。
沢村一樹さんをはじめとする、出演者の皆さまも、本当に良かったです。中でも、宇梶剛士さんが、存在感があって流石だなと思いました。
もちろん、ターコさんこと麻実れいさんも、すっごく良かったです。特に、おばあちゃん妖怪のカッコイイ事!粋で颯爽としていて、でもって、お茶目で可愛くて。着物さばきも、宝塚時代の洋物のマントをひるがえしているがごとくで、思わず、目がになっちゃいました。なんでも、原作では、あまり出番がなかったそうですが、お稽古がはじまって、どんどん出番が増えていったそうです。

2幕がはじまる直前、客席からキャストの方達が何人か来て、瓦版なるチラシを配っていました。主に通路側の方が貰っていたので、私の席からは確認出来ず、何が書いてあるか、興味津々だったのですが、そのうち、全員が舞台に上がって、お芝居がはじまってしまったので、結局、貰う事が出来ず、ちょっとガッカリでした。
そうしたら、ひと段落して、中央にいた瓦やさん(?)の役の方が、「1枚余ったので、はい、どうぞ。」って、ステージ上から、私にそのチラシを手渡してくれたんです。よっぽど、もの欲しそうな顔して観ていたのかな?と思うと恥ずかしかったけれど、とても嬉しかったです。

それが↓。
「本日はご来場いただき 誠にありがとうございます。一幕はお楽しみいただけましたでしょうか
 休憩時間はまもなく終了いたします。お手洗いはお済みですか 携帯電話の電源は切ってありますか 
 それでは、二幕も引き続きお楽しみくださいませ」
と書いてありました。ありがとう、瓦や(?)さん。
130428_172225.jpg   130428_134102.jpg

チラシの上にある、沢村一樹さんのイラストが入っている袋は、グッズで売られていた金粉入りのコンペイトウ(500円)です。お友達が買ったのをわけてもらって食べたけど、美味しかったです。味は3種類で、ノーマル、黒糖、抹茶味でした。それから、錦織さんからのお花があったので、思わずパチリ。

ラストでは、桜の花びらが降って、客席にもたくさん落ちてきたので、記念に何枚か貰ってきました。家に帰ってから、帝劇SHOCKの桜の花びらと比べてみたら、紙の素材も形も似ていました。基本、どこでも一緒なのかな?でも、SHOCKの花びらは、やっぱり私にとって、特別な宝物ですねo(^-^)o

今日は、明日の千秋楽の前に打ち上げがあるとの事で、皆さん、比較的早く楽屋を出られました。私達もターコさんの出待ちをして帰ってきました。ジーンズ姿のターコさん、相変わらずカッコ良かったです。秋には「リチャード3世」に出演予定との事です。これは、絶対に観に行かねば。今から楽しみです。

ロックミュージカル「ボクの四谷怪談」

渋谷のシアターコクーンで上演されている騒音歌舞伎(ロックミュージカル)「ボクの四谷怪談」を観て来ました。
120923_124217.jpg

麻実れいさんが出演されるのはもちろんのこと、蜷川幸雄さんの演出。そして、佐藤隆太さん、小出恵介さん、栗山千明さん達の豪華メンバーが出演されるというので、とても楽しみにしていました。
なのですが、個人的には全くの期待はずれの作品でした。
なにより、下ネタが多くて下品な印象が強く心に残りました。そして、脚本と演出も?で、何を伝えたいのか良くわかりませんでした。そんな中で、汗びっしょりで、大熱演されている佐藤隆太さんをはじめとする出演者の方達が、観ていて痛々しくも感じました。とにかく無駄に長い場面もあって、正直、苦痛でした。もちろん、笑う場面も多いのですが、私の場合、どっちかっていうと心底楽しくて笑うのではなく、苦笑してしまったというのが正しいです。
それから、主役級の方達は、あくまでも俳優さんであって、ミュージカルの人ではないのが残念でした。そんな中、お岩役の尾上松也さんの存在が光っていました。歌舞伎の基礎をしっかりと持っているので、観ていて安心出来ました。そして、次郎吉役の三浦涼介さんも、ビジュアルも綺麗だし、歌って踊れる人だったので、もっとそれを生かせる場面が多ければ良かったのになと思いました。
お目当ての麻実れいさんも、この作品の中では、魅力を出し切れていないと思うので、出来れば出ないでほしかったです。すごく辛口になってしまいましたが、あくまで個人の感想なので、ご容赦下さい。m(__)m

舞台を観た後は、銀座松屋で開催されている「ベルサイユのばら展」へ。
宝塚時代の麻実れいさんのアンドレに恋をして、その後、土方歳三に魂を持っていかれて、それから、長い間、宝塚の夢の世界にどっぷりとつかっていました。

120923_183854.jpg  120923_184305.jpg
宝塚の衣装や漫画の原画が数多く展示されていました。宝塚のDVDが流れていたのも良かったです。24日(月)まで。

【今日のランチ】
観劇前に、東急百貨店8Fの「レストラン DEMI」でランチしました。

120923_111444.jpg

オムライスセット 1,580円
サラダ・スープ・ドリンク・デザート付です。味は普通でしたが、落ち着ける雰囲気が良かったです。
120923_112535.jpg 120923_113051.jpg 120923_120603.jpg
Web拍手
よろしかったらお願いします♪

里親募集中
猫ちゃんやワンちゃんの里親を募集しているサイトです。よかったらのぞいてみて下さいね♪

いつでも里親募集中
BLOG LIST
ご訪問ありがとうございます♪
ようこそ♪
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
今日のランチ

【おすすめ度】
★★★★★・・・お気に入りのお店。何回でも行きたいお店
★★★★☆・・・かなり満足。あと何回か行きたいお店
★★★☆☆・・・もう一度行きたいお店
★★☆☆☆・・・誘われたら行くお店
★☆☆☆☆・・・1回行けばいいお店

カテゴリー
GRコード
QR
RSSフィード